Anime & Hobby

わたしの好きなマンガ選・その① ~のだめカンタービレ~

2018/1/27
Written by 葉っぱ
000 000 000
Anime & Hobby

こんにちは!
新しい年を迎えて早半月以上、寒さも厳しく、風邪やインフルエンザなども流行していますが、いかがお過ごしでしょうか。

2018年、初めの記事ということであらためて…今日もそして今までも、私のつたない発信文の数々をを目にしてくださってありがとうございます!! 個人的な抱負のようなものを述べるとしたら、“今年こそは規則正しい生活を送りたい” そして、“自己満足的な楽しい時間を昨年以上に過ごしたい” 、そんなざっくりした感じです。本年も “おたいち” 共々よろしくお願い致します!!

 

さて、今さらと言えば今さらですが…
私、葉っぱの日々のお仕事は、お宝市番館 瀬戸大橋店コミックや書籍などを担当しています。
 
子どもの頃から “本が好き” なのですが、年を取るにつれて、徐々に読む機会が減りました。仕事がらコミックに関しても、それなりに詳しくなっているものの、なかなか購読するまでに至らず…。
そんな中で、いつの間にか “お気に入りのタイトル” となっていた「のだめカンタービレ」をご紹介させて頂きたいと思います!!
 
 
 

「のだめカンタービレ」とは?
happa08_02瀬戸大橋店のコミックコーナーにて

 
「のだめカンタービレ」のタイトルを初めて目にした時、『のだめって何?? カンタービレって何なの??』と、結構なインパクトを受けました。
 
主人公の「野田 恵のだ めぐみ)」という名前から、あだ名が「のだめ」。後ろの「カンタービレ」は、演奏記号で「歌うように・表情豊かに」という意味があります。

このマンガにピッタリの
ナイスネーミング!!!!

馴染みがうすく、敷居の高いクラッシックの世界を身近なものとし、社会的ブームになったほど人気になりました。
 
この作品が色々なところで話題になり始めた時、私としては珍しく単行本を買ってみたのです。今思えば、どうして引き寄せられたのか、見えない縁なのか…瞬く間に、見事なまでに、この「のだめ」のトリコになってしまいました!!!

happa08_03思わず声を出して笑ってしまったり、時に涙したり、ドキドキしたり……。当時まだ幼かった娘にも、大きな大きな影響を与えてくれたマンガです。
 

「のだめカンタービレ」二ノ宮 知子 作
女性漫画誌『Kiss』2001~2010年まで連載
講談社より全25巻(本編23冊・番外編2冊)発刊

 

魅力その①:
「のだめ」→超絶変態キャラクター

「のだめ」は、私がイメージしていた「音大生」とは真逆です。部屋が絶望的に汚い(掃除できない・料理できない)、不潔、挙動不審、意味不明な奇声や敬語のオンパレード等々、ヒロインあるまじき、とんでもない主人公。…ですが、ピアノに関しては天才的な能力を秘めているのです!!
 
そんな「のだめ」が、超イケメンで音楽エリートの「千秋(ちあき)先輩」に恋をするワケですが、二人のやり取りがこれまた面白すぎる!! 猪突猛進の「のだめ」を容赦なくバッサリ切る、オレ様千秋先輩の “たまーに見える優しさ加減” がいいんですよね。
 
本格的な音楽表現や世界観、抱腹絶倒のギャグシーン満載、そして適度な恋愛要素。こんなマンガ、唯一無二だと思います!!

 

魅力その②:
最強!!実写版「のだめカンタービレ」

そうなのです。ドラマにもなり、その後、続編も映画化されました。この実写化が、それはそれは最っ高のクオリティーで!!
 
マンガでも十二分に面白いのに、ドラマになったことで “濃い世界観” が、とんでもなくストレートに広がって、毎回ゲラゲラ笑わずにはいられないほど。あの当時、実家の母もテレビを観ながら笑っておりました。これは本当に相当のことです……。
 
「のだめ」を演じたのは、女優の上野 樹里さんなのですが、もうどこからどう見ても「のだめ」なんですよね。セリフや立ち居振る舞いや存在自体が完璧で。(キュート&クレイジー。)
マンガでは文字と想像だけだった、奇声や奇行の数々をドラマでは目に耳にすることができ、その瞬間世界がパァーっと広がる感じで、とても楽しくハッピーな場面の連続です!!
 
憧れの「千秋先輩」は、俳優の玉木 宏さん。こちらも完全に “千秋様そのもの” でカッコよく、指揮者としての葛藤や成長の過程も魅力的に演じられています。
 

引用:www.youtube.com

 
さらにこの作品の大きな魅力は、どこか “変態性” を持っていたりする個性的なキャラクター達が登場するところにもあります(笑)。そんなキャラクターのイメージを崩さない、それに輪をかけたような、豪華すぎるキャスティングでした!!
 
例えば、ロックが好きなバイオリニスト「峰 龍太郎」役には、瑛太さん。女好きで超軽いけど、世界的指揮者の「シュトレーゼマン」役に竹中 直人さん。プレイボーイなチェロスト役は、向井 理さん。他にも、水川あさみさんや、山田 優さん、紗栄子さん、吉瀬 美智子さん、西村 雅彦さん など…まだまだ他にも!!
 
時折、シリアスな場面もあるのですが、私にとっては、終始明るい気持ちで見ていられるドラマでした。

happa08_005その日の放送が終わってしまうと、来週が待ち遠しくて堪らなくなるほど大好きでした。
 

「のだめカンタービレ」実写化
2006年10月~12月:フジテレビ月9ドラマ放映
2009年・2010年:映画化、前編・後編

 

魅力その③:
クラッシック音楽が、超!本格的!!

この作品の中には、沢山のクラッシック音楽が出てきます。マンガでは、曲のタイトルでピンとくることが少ないのですが、ドラマでは色々な名曲を実際に聴けるので、より気分が高揚します。
 
また、ドラマと映画のために結成された楽団「のだめオーケストラ」が、コンサートを開催すると大盛況となりました。大きな “クラッシックブーム” を作り出したともいえるでしょう。
 
先述しましたが、この当時ピアノを習っていた娘は、自分の実力よりも遥かにレベルの高かった「のだめ」で演奏された曲を選んで、発表会でチャレンジしました。音楽やクラッシック、仲間との青春時代の素晴らしさを教えてくれる、大げさでなく、本当に沢山の人に影響を与えた作品ではないかと思います。ドラマと映画、何回涙したか分からないくらい、感動しましたから…。
 

 
あぁ…マンガもドラマも、もう一度観直したいなぁ。
私のつたない表現力では、この素晴らしさを到底お伝えしきれない事がとても歯がゆい!

女性だけでなく男性でも、大人から子どもまで楽しんでいただける作品だと思います!!

機会があれば是非、“読んで” “観て” 戴きたいです。
(アニメ化もされています)
 
皆さんにも、きっと大好きな本やマンガ、映画やドラマ等があるかと思います。そして、出会っていない沢山の素晴らしい作品があるんだろうなぁ。
 
今年は、ちゃんと本を読んだり、もっと音楽を聴き深めたり、体を鍛えたり、 “豊かな自分力” を高められたらなぁ…と思っています。規則正しい生活を基盤に!
 
寒さに負けず、元気にすごしましょう!!
 
 

Anime & Hobbyの他のブログ
Anime & Hobby

TVゲーム好きに年齢なんて関係ないでしょアーカイブ

2017/4/26 Written by かずぼん
0 0 0
Anime & Hobby

おたいち的 初天神

2017/4/5 Written by 松永九日
0 0 0
Anime & Hobby

駐車場と機関銃とMeTro

2017/3/22 Written by MeTro
0 0 0
Anime & Hobby

おたいち的 火焔太鼓

2017/3/15 Written by 松永九日
0 0 0
もっと見る>>>
他の新着ブログ
OTAICHI Report

「おたいち」で買物する時の極意!!ポイントカードは侮れない!

2018/2/17 Written by まおりん
0 0 0
OTAICHI Report

果たして結果は?! ただ今「第二回 ぬりえコンテスト」入選発表中!

2018/2/10 Written by サッちゃん
0 0 0
Fishing/Outdoor

おたいち釣行~フィッシングレポート【第7回】~

2018/2/3 Written by さざなみ
0 0 0
Anime & Hobby

わたしの好きなマンガ選・その① ~のだめカンタービレ~

2018/1/27 Written by 葉っぱ
0 0 0
注目のBLOG
▲ PAGE TOP ▲