Private life

私はただ、美味しくてオシャレなゴハンが食べたいだけ

2016/12/17
Written by まおりん
000 000 000
Private life

OTAICHIの女子力爆弾こと、まおりんです。
最近、私が重たい荷物を運んでいても、誰も手を差し伸べてくれません…ギリギリ27歳の乙女に酷い仕打ちです。
 
爆弾といっても、爆発しなければただの球…
上司のオッサン共にオッサン扱いを受ける日々…
 

そんなオッサン達に物申すべく、
「女子力爆弾」を大爆発!

…させたブログを書いていこうと思います。
 


 
猫ダラ生活」を読んでくれた方なら、イラストの感じでもうお気づきかと思いますが…
 
ワテクシ(私の意味)DEBU!(肥満!の意味)なんです。
ご飯を食べるのが大好きで…それもあってか、料理を作るのも大好きなワケですよ。
 
よくある「得意料理は肉じゃがです☆」
みたいなセリフが言えるくらい、煮物とか得意なワケですよ。
どうですか?女子力感じるでしょう??
 
たとえ一人での食事だとしても、美味しいご飯をゆっくりと時間をとって食べたい…
それがまおりんの願い。それこそが、まおりんの幸せ。
 

maorin_05こちらは、ワテクシの心の友。猫ダラ生活のモデル「きなこ」です。

 
 

残酷な事実の発覚

ただ…ある日、気づいたわけですよ。
「私のつくるご飯って、味はまぁまぁなハズだけど、なぜか美味しそうじゃない…なんかババくさい。いやむしろオッサン、ザ・男飯!」みたいな感じになっている気がしてならない…。
 
何が原因か、インスタなんかに載ってる料理の写真を見たり、外食先で考えてみました。まおりんの食卓に足りなかったものとは…?
まおりんは気づきました。
 
そう!それは彩り!
おしゃれな器!

 
大体、インスタとかにアップされてる「オシャレな料理」って、かわいい器にキレイに盛られてますよね。
 
「まおりんメシも、食器を可愛いのに変えたら、オシャレな食卓になるんじゃね?」
 
「オシャレな器で、オシャレな料理を食べて、リア充っぽくオシャレな時間を過ごしたい…。」
 
これがワテクシ、“まおりん” と “器” との人生の始まりです。
 
 

「ドームやきものワールド」での出会い

つい先日、名古屋ドームで催されていた「ドームやきものワールド2016」へ万札を握りしめて行って来ました。
率直な感想はと言うと…“やきもの” ナメてました。
 

maorin_01

 
人! 人! 人!
老若男女問わず、ドームにはビッシリの人!
なんと今回は、過去最高の来場者数だったらしいです。
 
ここまで賑わっているとは正直思っておらず、“なんちゃって” 器好き程度のまおりんは、ビビリました。“やきもの” って、こんなに需要があったんですね…(作家さん達ごめんなさい。)
 


☞ Mission 1(現場の把握、目標を定めよ)

広大なドーム内で迷子にならない様に、まずは全体を偵察。
その後、あらためて売場へ出向き、偵察中にチェックしていたターゲットを確保するのダ!

 
…と、意気込んで会場を回ってみたワケですが、年齢と共に “方向音痴” になっているワテクシには、このドームという円形の会場はあまりに過酷!…早々に、

ミッション・イン・ポッシブル失敗!
…無念!

 
右か左か後ろか前かも分からなくなってしまい、ワテクシが何者なのかも見失いかけた頃、気に入った器を見つけた時点で、ゆっくりと吟味して買う行動パターンに変更。
…ワテクシは何をやっているのやら。
 
 

いざ購入!出会ってしまった器たち

まおりんが気に入ったのは、文五郎窯さんの器。

maorin_02文五郎窯さんのブース(文五郎倉庫さんのHP)

 

素敵なんです。

このザラザラ感。金彩…カッコ良すぎです。
<金彩【読み方】キンダミ(kindami):金泥または金箔で彩ること>
 

文五郎倉庫の代表、作家の奥田文悟さんとお話できる場面もあって、特注の器をあつかましくもお願いしてしまいました。
その他にも色々と購入させていただきましたが、結局1日では決めきれず、日を改めて来店して追加購入までも…。

そしてゲットした器たちがこちら。
買いすぎた感が否めませんが、後悔などない!
 

\ジャーーーーン!/
maorin_03“猫用にぼし” が残ってることは気にしないでね(笑)

 
 

ついにきた、例の大爆発!

そんなこんなで、休日に憧れのオシャレな朝食を作ってみました。
 

\いただきまおりん!/
maorin_04

 

じょ…女子力…爆発!!
バクハツゥーーー!

 
(皆様ご存知、匠の歌)
てててーん♪ てんてんてんてん♪
てんてーてーてんてーてんてーてんー♪
 
…なんということでしょう!
「チーズ」と「トマト」をのせて焼いただけのパンが、匠の手によって、ここまでインスタのオシャレな料理っぽく仕上がりました。
 
 

結論

料理を「美味しそうに魅せる」には、料理をのせる「器が重要」ってことがわかりました。
 
60歳まで生きたとして1日三食。まおりんが残りの人生で行う食事は、36,135回…多いのか少ないのか微妙な数字ですが、味わって食べたいですね。
 
それにしても、あーオシャレ。女子力ぅ~。

この記事を読んだ男性陣(職場の上司やスタッフ達)は、明日からきっとワテクシに優しくなってるハズ。
 

重い荷物を運んでたら、スッと手を差し伸べてくれるハズです。

 
世の中の皆様、ご静聴(?)ありがとうございました。
それではドロン!
 
 

著者紹介

まおりんクリエイティブ部門 所属
小さい頃の将来の夢は「牛肉になりたい」。夢とは違いますが、「全ての人を幸せに」という経営理念を掲げる会社で働いてます。
Private lifeの他のブログ
Private life

新参者がゆく~JR名古屋駅・水族館と科学館からの大須編~

2017/9/30 Written by かずぼん
0 0 0
Private life

新参者がゆく~神崎郡神河町・ふれあい茶園編~

2017/9/2 Written by かずぼん
0 0 0
Private life

アラサー女、柴犬を飼う。〜みかんとの出会い編〜

2017/8/26 Written by よっちゃん
0 0 0
Private life

新参者がゆく~須磨離宮公園とポートタワー編~

2017/8/19 Written by かずぼん
0 0 0
もっと見る>>>
他の新着ブログ
Fishing/Outdoor

私が釣りにハマった理由 ~とあるチャンネルとの出会い~

2017/10/21 Written by maa
0 0 0
OTAICHI Report

「うりた」を人体錬成してみる。(前編)

2017/10/14 Written by ごまだんご
0 0 0
OTAICHI Report

Trick or treat !? ~「おたいち」だってハロウィンしたい!~

2017/10/4 Written by サッちゃん
0 0 0
Private life

新参者がゆく~JR名古屋駅・水族館と科学館からの大須編~

2017/9/30 Written by かずぼん
0 0 0
注目のBLOG
▲ PAGE TOP ▲