Private life

僕はまだ味覚が本気出してないだけ?

2017/1/11
Written by かずぼん
000 000 000
Private life
2017年、あけましておめでとうございます!
今年も「おたいちウェブサイト」をよろしくお願いいたします!

さて、昨年の師走に入って間もなく、目の精密検査を受けるハメになってしまうという事態に見舞われました、かずぼんです。

数十年に渡って続けられてきた暴飲(酒、酒につぐ酒!)暴食(粉モン!炭水化物の過剰摂取!) そして、運動不足…。
そんなメタボ丸出しな病からくる視覚障害だったから驚きです。
毎年、受けてる健康診断の結果でも異常値を見て見ぬフリでしたから。ほんと意味不明な自虐行為です。ひでぶーッ!
kazubon10_01

…ということで、
2017年は「食事療法はじめました」的な幕開けとなりました。
それでも、普通に食べ物ネタをいたしますよ。
…反動ですかね?

※ここから先に述べる食材、料理は、あくまで僕個人の嗜好であって、同調や批判は無用ですのでご了承ください。



食べず嫌いではないアレ!
僕と同じ世代の方々も、幼少の頃からオトナになった現在に至るまで、色んな食品や料理を口にしてきたかと思いますが、歳を重ねるにつれ、食感や味付け、風味の嗜好も変わってきたなぁ~って感じる事ありますよね?

個人差や地域性なんかも関係してくるかも知れませんが、ちと若い世代の食事情には受け入れられにくいであろう食品ってのも、存在するなぁと思った訳であります。

若かりし頃のファーストインパクト(エヴァ用語なの?)で、悪い印象を持ったまま、長らく食卓から遠のいていた食品たち。それがある日、何かをキッカケに改めて食べてみたら、
おい、なんだよ!激ウマー!ご飯がススム君だわ、これ。
美味し過ぎて箸が止まらない!…みたいな?
「いや~…やっぱりダメだわ。」の溜息もあったりで。

僕が陥ってしまった食品たちを挙げますと…

例えば、有名なお漬物「奈良漬」。
うな重に付いてくるあの漬物ですね。奈良の由緒ある人気のお土産品でもありますが、いかんせん、酒粕で漬けこまれた事によるアルコール成分に抵抗が…。

今や酷い飲酒をするオトナになってしまったので、今度食べたら、
なんじゃこれウマッ!なんで食べへんかってーん!(後半の翻訳:食べなかったのだ!)」という展開じゃないのって予測してますが、青二才な時分に「…おあッ」っとなった以来、リトライ出来てません。
kazubon10_02「奈良漬おいしい!」ってなりたい!

調べてみると僕みたいな「アルコール分に抵抗がある」という意見も少なからずあるみたいで、今は食べやすいタイプも存在する様ですね。いつかまた挑戦したいと思います。挑戦って…


他に滋賀県の名産「鮒寿司(ふなずし)」ってのも。
古来より近江(滋賀県)に伝わる非常に手間暇のかかった高級珍味ですが、昔、社員旅行で琵琶湖に面するホテルへ宿泊した際、そこの土産物コーナーで初めて遭遇しました。当時の上司からも強く推されたのもあって、少しだけ分けてもらいました。

鮒寿司は「酸味の強い加工食品」という情報を得て、酸っぱいモノに目が無かった僕は、それはもうハリきって口に運んだんです。
…が?…んがが!
お茶で流し込んだ事を覚えております。なんでだろうなぁ…。
kazubon10_03「鮒寿司サイコー!」って言いたい!

お茶漬けなんかにしたら、超絶ウマイでしょうね!」なんて、食べる前から勝手に味を想像し、調子にのって上司を持ち上げていた僕の首を絞めにいきたい気分です。


あとは…強いて言うならば、パクチーでしょうか。
初めて口にした時、アノ味に舌が拒絶反応を起こしました。
…ごめんなさい、パクチー農家の皆さん。


ここ数年、インスタントの「トムヤンクン(辛味と酸味の効いた、複雑な香りが特徴のスープ)」的なものを好んで食べていて、パクチー風味に魅力を感じ始めていたんです。…で、また調子にのって、生鮮のパクチーそのものを再び食べてみたんですが、やはり「うまい!」には至りませんでしたね。
kazubon10_04「パクチー教」に入信したい!?

それでも懲りずに、ぺヤングのパクチーMAXに手を出す始末。
見事に「アノ味」に打ちのめされ、もはや何らかの妖怪に憑りつかれていたとしか言い様がございません。
今度、息子の妖怪ウォッチで背後を照らしてもらいます。万が一、ナニかがいたとして、仲良くなってメダルになっても、一度も召喚することはない様な気がします。

そんなこんなで「基本的に僕は好き嫌いがありません」…って、もう言ってはイケナイ様な気がしてきました。

人それぞれに苦手とする食品がまだまだ浮かぶでしょうが、次に進みます。…はい?納豆?…それは(笑)



それ普通、ウマイでしょ?
ごく一般的に「好き」の部類に入る料理でも、稀に「過去にナニがあった?」と思わせる珍しい好き嫌いがある人もいます。

例えば、カレーが嫌いな人…。
辛くなかったらOKなんて人や、使われている香辛料、ニンジンやジャガイモなんて具材からも、カレー嫌いになってる人もいます。

僕も同じ様な部類で苦手だった「玉子豆腐」。
同調する人に今まで遭ったことがないので、珍しいパターンなのかと、勝手に心のベスト10 第一位にしています。
自分の中で「白飯に合うおかず」として成立できなかっただけで、何故か「プリン」感が拭えなかったんです。 美味しいと思える様になりましたが、「おかず」という概念は今でもありません。
kazubon10_07「玉子豆腐」だって旨い!…これプリン?


この手の好き嫌いにまつわるものとして、
昨日スーパーで売ってる×××を食べたんやけど…
アレって結構おいしいよね。

という様なこちらのコメントに対して、
本物を食べたことあんの?」みたいな返し。

なんすか、貧乏人の食事情を否定っすか!ブヒーッ!
…みたいな感情が一瞬だけ込み上げますが、グルメではない僕にはあまり響きません。

確かに生産地や調理方法で「美味しさの違い」は勿論あると思います。そういった「ホンモノ」って呼ばれるものを食べてないから…なのかも知れませんけどね。
食レポによくある「普段は苦手なんですけどぉ~、これなら食べれますぅ~!おいしいー!」みたいな。
(やや悪意に満ちたセリフ感ですが…全くヒガミなし。)

あと、他人はどうでも自分流に美味しくする「変わった食べ方」も多種多様ですよね~。また違う機会にでも広げてみたい面白そうな内容ではありますが、僕がいつも “引き潮の音が聞こえる” くらいにドン引きされてしまうのは、お正月のおせち料理にある「黒豆」の煮汁を白飯にぶっかけて食べていたという事です。
ずいぶん幼い頃の話なのですが、いわば甘い “シロップ” を混ぜた白飯を好んで食べていた事になります。
(少し記憶に残ってるんで、親に騙されたりはしていない筈)
昔はイケてた」今では信じられない食べ方のパターンです(笑)
kazubon10_05



食べたいものを食べられる幸せ
いや、マジでこの言葉に尽きますよ…。
色んな意味も含まれますが、僕の様な自業自得な体になってしまうと、羨ましく感じます。

食べたいから運動をする」って、どっかの専務も言ってたなぁ。
糖尿病にまで至ってませんが、なんせ血液中の脂質(コレステロールや中性脂肪)がドエライ事になっているので、 僕もどうにか奮起して運動を始めにゃならんのです。…屁のツッパリは要らんですよ!
kazubon10_06

うまさ」が引き金となって「たらふく食べてしまう本能」に逆らうことができない、自制心が弱い僕。
うまい」に比例してコレステロールの摂取量がドバーッて、ブワーッとなってしまうんだよって事を肝に銘じながら、食事療法、メタボリックシンドロームと向き合っていくワケでございます。

…と、こんな負け惜しみを吐いている自分を妄想で励まします。

未来の僕「安心しなさい、春には正常値に戻ってるゾ。」
現在の僕「うわーい!早く卵ごはんをたらふく食べたーい!」


…なぜ神はこの世に太る身体を作りたもうたのか!

今年もよろしくお願いいたします!
(ちょっと本気で頑張りまーす)


Private lifeの他のブログ
Private life

うどん県のうどん事情~三度の飯よりうどん好き!

2017/5/31 Written by 葉っぱ
0 0 0
Private life

Tの最近買った、お気に入りのモノたち。

2017/3/18 Written by T
0 0 0
Private life

今宵も酒と肴に癒されて

2017/2/18 Written by ブタさん
0 0 0
Private life

日日平安(2)

2017/2/8 Written by ちゃんまつ
0 0 0
もっと見る>>>
他の新着ブログ
Fishing/Outdoor

おたいち釣行~フィッシングレポート【第3回】~

2017/6/21 Written by さざなみ
0 0 0
OTAICHI Report

うりたの日常(11)

2017/6/11 Written by のだし
0 0 0
Private life

うどん県のうどん事情~三度の飯よりうどん好き!

2017/5/31 Written by 葉っぱ
0 0 0
OTAICHI Report

「ぬりえコンテスト」入選発表はじめました!

2017/5/24 Written by サッちゃん
0 0 0
注目のBLOG
▲ PAGE TOP ▲