Private life

時間の流れのふしぎ~不思議シリーズ~その①

2016/11/12
Written by 葉っぱ
000 000 000
Private life
こんにちは。気がつけば、11月ももうすぐそこ。
いよいよ「葉っぱ」が色づくドラマティックな秋本番です。
初夏の新緑と紅葉の秋は、日々うずうず、お天気がいいオフ日には車を走らせ、葉っぱに癒しを求める生態のわたしです。
昔は自然なんて好きじゃなかったのに、な。

大人になり、こんな風に変化したことって結構あるような気がします。楽しいことやうれしいこと、時に悲しいこと、苦しいことも、受けとめ方や感じ方、自分の感覚が知らず知らずのうちに変わっているのだなぁとも思います。

こんなことを書いてしまうのも「秋」だからでしょうか。食欲の秋、スポーツの秋、芸術の秋、読書の秋、そして秋は思慮深くセンチメンタルにもなりますね。
それと同時に、あと2か月ほどで今年が終わってしまうという時間の流れの速さに毎度ながら驚きを隠せません。

今回は日々感じている時間の流れの不思議について書いてみることにしました。


大人になると時間の流れが速くなったと感じるのはなぜか

「この前お正月だったのにもう3月! 」
「今年も半分すぎちゃった! 」

ほぼ100%、毎年言っています。
事あるごとに、事あるタイミングでお決まり文句のように。

そして、あっという間に一年が終わっていくのです。それが年齢を重ねるごとに速くなっているような気がする。
…いや、確実に速くなっている、と思いませんか?
happa03_01


19世紀に発案された「ジャネーの法則」
昔、「なるほど。」と思ったことがあります。
子どもの頃の一年間は、10歳の子なら10年生きてきた分の一年 “10年分の一年” で、大人になった30歳の一年間は、 “30年分の一年” になるため、時間の長さが短く(速く)感じるという話でした。確かにそれは納得です。

そして調べてみると、そのような感覚のことを「ジャネーの法則」と呼ぶことが分かりました。生涯の “ある時期” における時間の心理的長さは、年齢の逆数に比例する(年齢に反比例する)そうです。ちょっと難しい表現ですけどね(笑)

さらにその法則によると、人は体感的には20歳で人生の半分を終えているようなのです!
20歳から後の長い年月は、0歳から20歳の体感時間と同じということになるという、なんとも驚愕すぎるこの情報に衝撃を受けました…。

そう考えると、子ども時代の一日の時間は、大人になった私達の一日とは比べ物にならないほど密度が濃くて貴重ですよね。子どもの頃のいろいろな経験や感じた事が、その人のこころの中の大きな支柱になって形成されていくことも改めて納得です。

それにしても、18歳の頃の自分と今の自分、変わっているような変わっていないような、基本的な根っこの部分はあまり変化していない気がします…


新鮮なできごとが少なくなる
また、毎日の生活に新鮮さがなくなっていくことでも時間の経過が速く感じられるようになってくるようです。

子どもの頃は知らないことが多くて、毎日がいろいろな発見や出来事だらけでしたが、大人になると新しい経験をする機会が減ってしまいます。人は経験したことがない事に遭遇すると、それが強く意識に残って時間を長く感じますが、慣れていくと、時間が気にならなくなって、速く感じるようです。

なるほど納得は納得ですが、いや、普段、学校だったり仕事だったり、早く終わってほしい!と長く感じることもありますけど、ね?

幸い現在の私の毎日は、オンの日もオフの日も時間が足りないくらいドタバタと慌ただしく過ぎてしまっています。
時間の流れについて行けず、色々なことがこぼれ落ちてしまっているような…このままではいけません。(切実)
happa03_02

誰にでも共通して言えるのは、楽しい時間はあっという間という事でしょうね。
その最中は速く過ぎてしまうと感じても、後になってもその時間の印象は強く残っていくから、そういう時間がたくさんあると体感的には長く感じていくのかもしれません。そのためにもわたし達は大人年齢を重ねていくほど何か新しいことを見つけつづけて色々なことに挑戦していけたらいいですね。


だれにでも同じ24時間365日
私の “24時間” も、忙しいアイドルの “24時間” も、総理大臣の “24時間” も、どれも同じだけの時間。 同じ長さのはずなのに充実した人の時間はキラキラ輝いている気がします。
時間は誰にも平等に与えられていますがその価値というか密度はそれぞれちがいます。そして与えられた時間の使い方をいかにうまく、有意義に過ごすかによって人生が豊かなものになるのではないでしょうか。
(わかっていながら、ぐーたら・怠惰な毎日の繰り返しなのですが…)
happa03_03

同じ一日なのに、ゆっくりと時間が過ぎていくことがあります。
出勤前など忙しい朝の10分はとても貴重で、昼間や夜の何倍も価値がある気がします。

このように色々なシーンにおいても時間の流れは不思議ですが、ベクトルは常に明日に向かっていて生きている限り止めることはできません。今が永遠に続けばいいと思うことがあっても時間を止めることは絶対にできないのは万人に平等です。

今日という日は二度と来ない。
今、この瞬間は今しかない。


ついつい忘れがちなことですが、時々思い出して日々を大切に過ごしたいですね。

やってみたいこと、習ってみたいこと、行きたいことろ、会いたい人、いっぱいです。
出来てないことだらけの私の日々ですが、疲れた、時間がない、忙しい…じゃなく、一日にほんの少しでいいから、新しいこと、新しい思いで前進できたらいいな。

とりあえず、紅葉が始まったら山へ行こう!
秋だから、ホクホクおいしいものをさがしてみよう!

今日を楽しみましょう。
秋を楽しましょう。
happa03_04

以上、わたしの不思議シリーズ第一弾 “時間の流れ” について、でした! (今後このシリーズが続いていくかは不明ですけど…)


著者紹介

葉っぱお宝市番館 瀬戸大橋店 勤務
コミック担当。 好きな漫画:のだめカンタービレ/趣味:春夏秋冬くうねるあそぶ
Private lifeの他のブログ
Private life

Tの最近買った、お気に入りのモノたち。

2017/3/18 Written by T
0 0 0
Private life

今宵も酒と肴に癒されて

2017/2/18 Written by ブタさん
0 0 0
Private life

日日平安(2)

2017/2/8 Written by ちゃんまつ
0 0 0
Private life

「うどん県。それだけじゃない香川県」

2017/1/21 Written by 葉っぱ
0 0 0
もっと見る>>>
他の新着ブログ
OTAICHI Report

「ぬりえコンテスト」入選発表はじめました!

2017/5/24 Written by サッちゃん
0 0 0
Fashion

BarbourからのBARACUTA~おたいちファミリーの着こなし

2017/5/17 Written by ラヂオアタマ
0 0 0
OTAICHI Report

うりたの日常(10)

2017/5/10 Written by のだし
0 0 0
Fishing/Outdoor

おたいち釣行~フィッシングレポート【第2回】~

2017/5/3 Written by さざなみ
0 0 0
注目のBLOG
▲ PAGE TOP ▲