Private life

本の話~森見登美彦との出会い~

2016/9/3
Written by ブタさん
000 000 000
Private life
初めまして、お宝市番館 三重本店で働いている
ブタさんといいます。

マイペースな感じですが、ちょっとしたブログを書いていければと思っております。 最後まで読んでいただけると嬉しいです。

森見登美彦との出会い
buta_01
第一弾は、僕の好きな作家さんについて書きたいと思います。
『もりみん』という愛称で呼ばれている
森見登美彦という奈良県出身の作家さんです。

それぞれの作品に個性的なキャラクターが存在するのですが、違う小説にも同じ人物として登場するなど、作品同士がリンクしています。 また、ほぼ全作品が京都を舞台に物語が描かれているのですが、僕自身、京都の高校に通っていたというのもあって、グッと親近感を覚えました。

森見登美彦ワールドとの出会いを書かせていただきますと…
大学生だった当時、何気に立ち寄った本屋の台におもむろに積まれた森見登美彦の処女作『太陽の塔』というタイトルに目がとまり、手にしたのがキッカケです。私は大阪の万博記念公園に今もドッシリと立っている「太陽の塔」が大好きなのもありまして…気が付けば、お会計を済ませていました。

いずれまたブログで『太陽の塔』の内容はお伝えしたいと思いますが、なにせ文章の書き方や物語の進み方などに “どハマり” してしまい、すっかり森見ワールドに引き込まれて全作品を集めました。


四畳半信者

buta_02
森見登美彦作品の中で最も好きな一つが、
『四畳半神話体系』という作品です。
これは後にアニメ化され、森見登美彦作品では一番有名なのではないでしょうか。

一言で言うと、オシャレアニメです。
映像も少し不思議な趣きで、小説をアニメ化したものの中では、個人的に大好きです。

物語の内容はというと…
「私」という “ひねくれた大学生” と、「小津」という、これまたどうしようもない友人。その周りにいる変わり者の話なのですが、一種のパラレルワールド的な話です。
でも難しい話ではありません。一話ごとの構成となっていて、主人公が大学入学の時にどこのサークルに入ったのか? また違ったサークルに入っていれば、こんな結末だったのか…という様な話です。

誰しも過去に
「あぁ、こっちの選択をしていれば…」
と感じたことがあるかと思うのですが、それを見事に蹴飛ばしているような作品です。




面白さ伝わっているのでしょうか?(笑)

是非、この森見登美彦ワールドにどっぷり浸っていただきたい!
…ですので、とりあえず手に取っていただければと思います。

それでは、また次回のブログまで!!



著者紹介

ブタさんお宝市番館 三重本店 勤務
古着担当をやっております。
ビール大好きな、30歳です!!
Private lifeの他のブログ
Private life

Tの最近買った、お気に入りのモノたち。

2017/3/18 Written by T
0 0 0
Private life

今宵も酒と肴に癒されて

2017/2/18 Written by ブタさん
0 0 0
Private life

日日平安(2)

2017/2/8 Written by ちゃんまつ
0 0 0
Private life

「うどん県。それだけじゃない香川県」

2017/1/21 Written by 葉っぱ
0 0 0
もっと見る>>>
他の新着ブログ
OTAICHI Report

「ぬりえコンテスト」入選発表はじめました!

2017/5/24 Written by サッちゃん
0 0 0
Fashion

BarbourからのBARACUTA~おたいちファミリーの着こなし

2017/5/17 Written by ラヂオアタマ
0 0 0
OTAICHI Report

うりたの日常(10)

2017/5/10 Written by のだし
0 0 0
Fishing/Outdoor

おたいち釣行~フィッシングレポート【第2回】~

2017/5/3 Written by さざなみ
0 0 0
注目のBLOG
▲ PAGE TOP ▲